私、行政書士よしきが徒然に感じたことを書きつづります。好きな音楽、スポーツ、社会情勢から昨夜の晩ごはんのメニューまで。さぁ、今日のテーマは?


by fonkyy
カレンダー

<   2006年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今年の紅白に…。

今年の紅白にスガシカオが出ちゃいますね。
NHKの 「プロフェッショナル」 という番組のテーマ曲に、彼が参加しているユニット 「kokua」 の曲が使われたりしていましたので、その流れはあったのですが・・・

個人的には、彼が紅白にでることに違和感を感じます。
スガシカオファンの方々、すみません。
私は 「スガシカオの音楽」 のネジれたファンですのでお許しを (笑)

♪今日の1曲 kokua / Progress
[PR]
by fonkyy | 2006-11-30 10:14 | 音楽

次々と。

ここ最近、次々と「児童虐待で~逮捕!」というニュースが届けられます。
なんなんでしょ、これ?

ニュースで報道されるのはたくさんある事実のなかで、特にセンセーショナルなものであることが多い。そういった意味では、これらは氷山の一角。まだまだ、日常的な虐待が潜んでいるということ。マスコミでこれだけ取り上げられているうちに、ウミを出し切らなければいけないと思う。

「今後行政がどうしなければならないのか」 「何が原因なのか」 といったようなご意見は専門家の方々におまかせしますが、この実態を見るにつけて、とにかく情けないと思う。
親子。この言葉の重さをもっと知ってほしい。親になるということがどういうことなのか。そして、自分の子に対してどういう義務が発生するのかを。この辺の認識が年々甘くなってきているように個人的には思う。

その重さについて考えていないと思われる、
親の犯罪 (実際は内縁関係の者による犯罪であることもあるが) があまりに多すぎる。

♪今日の1曲 MILES DAVIS / ON THE CORNER
[PR]
by fonkyy | 2006-11-29 09:01 | 意見
そうですか、もう10周年ですか……

私の愛してやまない (もちろん、音楽ね) スガシカオ氏のベストアルバムが来年1月24日に2枚組で発売されるそうです。メジャーデビュー曲の 「ヒットチャートをかけぬけろ」 から最新シングルの 「午後のパレード」 までのシングル曲を全て収録。それに、今何かのテレビ番組で使われている 「春夏秋冬」 とスマップに贈った 「夜空のムコウ」 を追加収録。正直、ほとんどのCDを持っている私からいえば、面白みの少ないベストなのですが、初回盤特典でデビュー10周年スペシャル・ライヴの応募券がついているんですねぇ。

彼のシングル、アルバムには、かなりの確率でこういったライブ応募券がついていて、毎回応募していますが当たったことはありません。でも、それ目当てに買ってしまうんだろうな…… 思えば、デビュー当初はマニアックなアーティストとして認識されていましたが、最近はアルバムをだせば必ずベスト10入りをしますし、シングルもそこそこ20位前後には入るようになりました。このベストアルバムはめちゃ売れそうな予感。もう少し売れてしまうと、私の性格上、ファンをやめてしまうんだろうなぁ (笑)

♪今日の1曲 スガシカオ / 春夏秋冬
[PR]
by fonkyy | 2006-11-28 09:51 | 音楽

THE BEATLES 「LOVE」

ビートルズの最新作と告知された 「LOVE」 が発売されました。ビートルズのプロデューサーであるジョージ・マーティンが息子ジャイルズ・マーティンと共に作った、ビートルズの既存の曲を使ったリミックスアルバムともいえるアルバムです。私は全く買う気がなかったのですが、少しの試聴で購入を決めました。その理由は音がえらい良かったこととそれぞれの曲の良さが残ったリミックスであったこと。リミックスといえば、思いきり原曲を壊して何が何だかわかんなくなったものが多く存在します。このアルバムに関しては、そうは感じませんでした。確かに、何曲かはコケそうになったものもありましたが (笑)

ビートルズファンの間ではかなり批判があるようですが、私は単純に楽しいアルバムだと感じましたよ。けっこう後期の曲が多いしね。前期の曲の方が有名なものが多いですが、私は圧倒的に後期の曲が好き。アルバムでいえば、断然 「ホワイトアルバム」 。昔はよく聴き倒したものです。最近はなかなか1枚をとおして聴けるアルバムが少ないなか、この 「LOVE」 は聴けました。まぁ、ビートルズなんて、久しぶりに聴きましたわ。

ただ、「最新作」 というふれこみはマズいような気が…

♪今日の1曲 THE BEATLES / GLASS ONION
[PR]
by fonkyy | 2006-11-27 06:41 | 音楽

疲労と感謝。

今日の午前中は講演会の仕事でした。最近は別の仕事をしながらも、ベースにはこの講演会の準備がありましたので、これが終わったことでほっと一息つきました。と同時に、今どーっと疲れがでています。いつもながら、人前でお話するのは体力が要るものです。

本日の講演にご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。
また気が向いたら、次の講演会にも足を運んでいただくと嬉しいです~

♪今日の1曲 SLY & THE FAMILY STONE / THANK YOU
[PR]
by fonkyy | 2006-11-26 16:08 | 業務

投資信託トラブル。

銀行窓口での投資信託販売トラブルが増加しているらしいです。

投資信託とは、投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用のプロが株式などで運用し、その成果に応じて収益を分配するという金融商品。収益は運用の成果次第であり、ともすれば元本割れするリスクもあります。
低金利が続く現在、銀行などに貯金を預けるよりも手軽に高金利を求められるとして、人気が高まっています。しかし、元本保証をされるものでないので、制度のしくみをよく知り自己責任で投資をしなければいけません。また、販売サイドもそういった説明をする義務が当然あるように思われます。

銀行の投資信託販売をめぐるトラブルには、「高齢の母が電話で銀行に呼ばれ、元本保証と説明を受けて契約した」 「銀行から電話勧誘で、定期預金を中途解約して投資信託に組み替えた方が有利になると言われたが、実際には有利でなかった」……などがあり、ほとんどが販売者の説明不足と利用者の認識不足から起こっています。

こういった事態に対して、金融庁が銀行への監督を強化していく方向であり、銀行側も特に高齢者への販売時の説明体制を強化するようです。銀行側の対応は当然のことです。上に挙げたトラブル例の1つ目なんて、ウソをいって契約させているのですからね。そういった意味では、なんとか商法と同じです。ただ、私達一般消費者側も賢くならなきゃいけません。この世の中、そんなに得な話なんてなかなかあるのものではありません。何か契約するとき、それが大きな金額であればより慎重にならなきゃ。

消費者側の対応次第で防げるトラブルでもありますからね。

♪今日の1曲 BOBBY BROWN / FEELIN' INSIDE
[PR]
by fonkyy | 2006-11-25 09:55 | 意見

狂犬病って。

ここ36年も日本で発症していなかった狂犬病ですが、この1週間で患者が2人。

このニュースで改めて知ったのは、狂犬病が何十年も発症していなかったことと死に至る病気だということ。小さい頃よく犬を見つけては触ろうとする私に 「狂犬病になるよ」 と親。当時は 「狂犬病ってよくある病気なんだ」 とすりこまれていました。そして、発症後の死亡率が100パーセントってことにびっくり (かまれた直後などにワクチンを打てば予防できるらしい) 。そしてそして、犬を飼っている方には、毎年1回の狂犬病の予防注射が法律で義務づけられていることにびっくり。そしてそしてそして (しつこい)、その予防注射をしている人 (犬?) の割合が半分以下だということにまたびっくり。

今回のニュースで、私のようにたくさんびっくりされた方は多いのでは? これを契機に、犬を飼っていて予防注射をしていない方は、ぜひ義務を果たしてください。未然に防ぐことができるものは、未然に防ぎたいものです。

♪今日の1曲 GROVER WASHINGTON JR. / JUST THE TWO OF US
[PR]
by fonkyy | 2006-11-24 07:53

高額バイト。

タウンミーティング (以下、TM) の 「やらせ」 問題が発覚して、しばらく経ちます。
あまりにもアホらしくて、これまで 「よし・ろぐ」 のネタにもしてこなかったのですが、今朝の新聞には、そんな冷めた私をホットにする話題があったので少し。

2003年12月岐阜市で開催されたTMでのできごと。TMは広告代理店が受注して運営しているとのこと。そして、内閣府に対して、その運営経費を請求しているのですが、これがとっても高額バイト。例えば、「車から降りた閣僚がをレベーターまで誘導する、4万円」 「エレベーターの操作、1万5千円」 「閣僚をエレベーターから控室まで誘導する、5千円」 など。もしバイト雑誌なんかに掲載されたら、応募が殺到することでしょう。
こんなだったら、私も時間をやりくりして行きますよ (笑)

問題なのは、この金額は広告代理店自体が設定したのではなく、広告代理店に運営を委託している内閣府が最低金額として指示をした金額だということ。何をどう考えてこの金額がはじきだされたのか、全くわかりません。  いや、少しわかるような気が (大笑)

国の債務が大きくなり、福祉の費用が削られています。そのうえ、国民にかかる税金を引き上げる議論が当然のごとく行われています。歳入を増やすのは簡単です。だって、国会で決をとればいいのですから (一時の大きな反発はあるでしょうけどね) 。以前にも書いたことがあると思いますが、まず歳出を減らして下さい。必要な歳出を減らせというのではなくて、上記のような明らかにムダな歳出がウン億円とあるはず。それをいっぱいいっぱいにした後で、国民に税負担を求めるのが筋ではないでしょうかねぇ。よろしくです~

♪今日の1曲 バンプオブチキン / 涙のふるさと
[PR]
by fonkyy | 2006-11-23 09:11 | 意見
昨日の 「士試験あれこれ」 に引き続き、士業の試験について最近知ったことをひとつ。

行政書士試験の受験資格 (試験を受けるために必要な資格) は 「年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます」 となっています。一方、社会保険労務士試験の受験資格は学歴や職歴、その他の国家試験などで条件を満たした者となっています。そのなかで、学歴のなかに、「学校教育法による大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者」 とあります。よく見てみると、高校を卒業して就職した人は、すぐに試験を受験することができないわけです。

また、いろいろある受験資格のなかに 「行政書士となる資格を有する者」 ともあります。そこで、高校を卒業して就職した人が社会保険労務士の受験資格を取るために、他にもいろいろ方法はありますが、まず行政書士試験を受けるといったことがよくあるそうです。
あるきっかけでこのことを知ったのですが、ちょっとびっくり。

♪今日の1曲 SHIRLEY MURDOCK / NO MORE
[PR]
by fonkyy | 2006-11-22 08:35

士試験あれこれ。

公認会計士の合格者が発表されましたが、試験制度の簡素化の影響もあって、合格者数が前年の約3倍となったそうです。弁護士も新試験の導入により、今後どんどん合格者数が増えていくようです。

私達行政書士試験も11月12日が本試験だったのですが、その内容が一部変わりました。まだ問題を見ていないからはっきりとは言えませんが、最近の流れからいくと、問題自体は難しくなっているのでしょう。

よく言われていることですが、行政書士試験は試験内容と実務の乖離が激しい試験です。この差をどう埋めていくのかが、今後の行政書士試験の課題の一つなのでしょう。ですから、受験者の方は「試験に受かること」と「独立開業すること」は別ものと考え、受かってから実務の勉強をするくらいの気持ちでいたらよいと思います。

むろん、合理的ではないと思いますがね。

♪今日の1曲 JAMIROQUI / RADIO
[PR]
by fonkyy | 2006-11-21 08:52 | 開業