私、行政書士よしきが徒然に感じたことを書きつづります。好きな音楽、スポーツ、社会情勢から昨夜の晩ごはんのメニューまで。さぁ、今日のテーマは?


by fonkyy

2005年 03月 20日 ( 1 )

今日は絶対に出席したいセミナーが福岡であったので、
早朝から出かけました。

午前11時前…それは、セミナーが始まって30分足らずでした。
今まで経験したことのないような横揺れが数十秒続きました。
(私がいた場所は震度6弱ということでした)
会場がビルの10階ということもあったのでしょうが、
とにかく揺れがすごくてパニックに。
机や棚などもぐちゃぐちゃになりました。
それを元に戻しながら、皆がだんだん落ち着きかけたとき、

「あっちの壁にひびが入っている」
「エレベーターが水浸しで動かない」
「非常階段がロックされて使えない」

いろいろな情報が入ってきて、
自分たちが危険な状態に置かれていることがわかりました。
そして、セミナー中止決定。
非常階段を降りながら、目につく壁に入った大きなひび。
なんとかビルから脱出すると、そこには救急車が。
周りを見回すと、割れた窓ガラスの破片が。
見上げると、窓ガラスが無くなったビル。

そのとき思いました。
「こりゃ、帰れんぞ」と。
案の定、交通機関は麻痺していました。
「仕方ない。時間でもつぶすためにCD屋さんでも行くか」
CD屋さんどころか、ほとんどの店が閉店状態。
そのうち、見たことない服を着た人が、
「公園に避難してください」
仕方ないので公園に行きましたが、もう人だらけ。
腹がへったのでコンビニに行ったら、これがまた人だらけ。
おにぎり、パンがほとんど無くなってる。
床もベタベタ。
よく見たら、ビールやワインの瓶が割れて散乱してる。
トイレに行きたくなった…
しかし、店は開いていないし、地下も封鎖されている。
…地下駐車場だったらあるかも!
あった!
しかし、中年の女性が男子トイレを占拠してる!
まいりました(苦笑)
他にコンビニのトイレにも女性が多数並んでいましたね。

だんだん寒くなってきて、小雨まで降り出した。
数少ない公衆電話に長蛇の列。
携帯電話がほとんどつながらないらしい。
私のはつながった!
ウィルコムのPHSですから。
ドコモやボーダフォンに比べると劣等感を感じていましたが、
こんなときに役に立つとは!

号外配ってる!
…もらいそこねた(悔)
あるNPO団体が「被災時安否確認法」というチラシを配っていました。
携帯電話がつながらなくてもメールはつながる。
指定アドレスにメッセージを送り、
その番号を連絡したい人に伝える。
そうすると、相手がメッセージを確認できる。
というシステムです。
私は利用していないので、詳しくは何ともいえません。

寒い。今日は薄着なのです。早く帰りたい。
救急車もよく通る。
今日中に帰れるのだろうか?
明日は自動車学校(技能)があるのに…
あてもなく徘徊する。
恐らくJRは復旧に時間がかかるだろう。
帰るなら高速バスだ。
バスセンターの周囲を無意味にうろうろしていると、
運行再開の知らせが。
バスセンターは立ち入り禁止。
指定された臨時のバス停に向かう。人だらけ。

バスが来た。
人だかりが全てバスの入口へ。
入口付近は大パニック。
おしあいへしあい、皆、目が恐い。
なんとか私も乗ることができた。
補助席にかろうじて。

高速道路は一部渋滞していました。
阪神淡路大震災のときもこんな感じだったのだろう。
実は、私は阪神淡路大震災も経験しています。
あのときもすごかった。
しかし、自宅にいたので、そのまま動かなきゃそれでよかった。
昨年も2回、他の地方で震度4程度の大きな地震に遭っています…

なんやかんやありましたが、無事帰ることができました。

最後に、この度被災された方にお見舞い申し上げます。

♪今日の1曲 ゆず / 桜木町
[PR]
by fonkyy | 2005-03-20 19:53